ヘッダー画像

基本的には保証人は断る姿勢を崩さない事

小銭

現在は、保証人になるかどうかの問題の前に国民年金や厚生年金などで構成される公的年金に対して多くの不安が注がれています。

これは、この制度の支え手である若年労働者層が少子化により減少していることと、受け手である高齢者が平均年齢上昇等によりその数が更に増え続けていることです。

日本における公的年金は、あらかじめ積み立てた保険料と運用収入で給付を行う積立方式ではないのです。

年金担保融資を借りている人が死亡したら保証人はどうなる?

高齢者がもらう分を現役世代が払うという仕組みである賦課方式を採用しています。 日本では現状ではそのため、担い手減少と受け手増加が起きている現在の状況は、賦課方式運用に大きな影響を及ぼしています。

こうした現在の状況により、これからも支給年齢引き上げと、将来の支給額減少などが保証人も検討されています。

現状を視野に入れて考察すると、これは例えば、もともと日本における今後の支払いについては、60歳から支給されていましたが、これからも、この現状の財政が厳しいことをここで踏まえ、支給年齢が65歳に引き上げられました。

過去のそうした体験談でも積立金枯渇などの理由によります。 これは年金制度維持が今後困難になると想定されているため、更なる支給年齢引き上げが検討されていると相場はいわれています。

そうしたことは、これからの受給で老後生活を考えている高齢者にとって大きな不安となっています。

保証人はこうしたことから、一部高齢者には、生活に困窮するためです。

年金担保融資を受けようとする人がいました。

絶対に保証人の体験談で良かったことなどはありません

計算表

体験談から今の状況と照らし合わせて保証人は正しい選択をするようにしましょう。 年金担保融資とは、厚生年金や国民年金など現状の受給者が受け取る分を換金できる担保として資金を融通してもらう融資制度のことです。 かつては、こうした融資制度が市中にありふれていましたが、そもそもこの制度は高齢者生活に必要不可欠です。 そうした必要不可欠な分が担保に取られ、融資の返済に充てられると、その高齢者の手元にはお金が入ってこないことから、そこから生活に困窮することになります。 そのため、年金担保融資は原則的に法律で禁止されています。 特に高齢者は判断能力や認知能力が若年者と比較して劣る場合がかなり多いことから、保証人が資金が不足した場合に、いわゆる闇金融や高利貸しなどにお金を借りて、担保として公的年金があてられるケースが想定されます。 そうした事態を最初から想定して、年金担保融資は原則的に法律で禁止されています。 ただ、これは高齢者にも急な医療費が必要になったり、当初から想定していなかった出費が保証人が必要なケースがあります。 逆にこれからそうした場合には、融資が必要になることから、独立行政法人福祉医療機構だけが取り扱いを認められた年金担保融資があります。

どんな条件でも保証人は頼まれないほうが良い

万年筆

これについては、公的年金受給者で、生活保護を受けていないなどの一定条件をクリアする人が利用可能です。 また、その今の金額については、10万円から250万円の範囲内かつ受給している全ての額の範囲内で、1回あたり返済額の15倍以内の要件を満たす額となっています。 定額返済の上限は1回のこれは支給額の2分の1以下で下限は1万円となっています。 資金使途については、特に制限は設けられてはいませんが、保健医療、介護・福祉、住宅改修等、教育、冠婚葬祭、事業維持、債務等の一括整理などとなっています。 これらにいずれも該当しない場合は、臨時生活資金として100万円が上限として貸付がここでは行われます。 なお、ギャンブルなど投機性が高いものについては、これの対象となっていません。 貸付を受ける際の保証人については、原則的には連帯保証人が必要となっています。 ただ、連帯保証人を用意することが困難な人には、信用保証協会に保証金を支払えば、信用保証協会に連帯保証人になってもらうことが可能です。 年金担保融資は、生活の糧となる額に対して担保がかかるためです。 融資額の全額返済までは、これの一部を受け取ることは体験談では難しくなります。 そのため、無理のない返済計画を立て、融資を受けることが重要になります。

年金担保融資