ヘッダー画像

生活保護受給者はこのシステムは利用できない?

グラフ

生活保護を受けている人は年金担保融資を受けることはできません。

過去にはできたそうですが、現在ではできなくなっています。

厚生労働省の方針によって、融資を受けることができなくなったと言えるでしょう。

それは、なぜかというと、法律に抵触する可能性があるからです。

生活保護受けていても生活貸付出来るか

ここでは生活保護法の条文には、「保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、または能力その他あらゆるものを、そのタイミングでの最低限度の過程の維持のために活用することを要件として行われる」と定められています。

難しい言葉ですから少しわかりにくいかも知れませんが、これを簡単に言うと、このように色々な資産を持っていて、これから先も、それらを生きていくのために全て使うということが、これが今の第一の前提として保護されると言うことです。

もっとこれを簡単に言うと、色々な資産があって、それを暗しを維持するために使わないのであれば、特別なサポートはしないということになります。

そして資産があるのなら、最低元はそれを使って選択をするべきだと考えるのは、考え方としてはそれは当然のことでしょう。

自分の持っている資産を使っても安定した暮らしができないという状態にならないと援助を受けられないように法律で定められています。

そして年金というのは、働いている間に積み上げてきた資産だと考えることができます。

制度としての生活保護の意味を理解しましょう

電卓写真

資産なのか権利なのかは解釈は微妙で、現在のところは積み立て方式ではありません。 自分が積み上げてきた資産かどうかと言うのは明確ではありません。 ですから、完全にそれが資産というべきかどうかは微妙だと言えるでしょう。 しかし、毎月受け取ることのできる権利と考えれば、これは資産と考える事もやり方次第でできるでしょう。 このように資産なのかどうなのかと言うことについては判断は難しいとも考えられます。

生活保護受給者が年金担保融資を受けている最中に死亡したら

条文の項目にある「その利用し得る資産、能力その他のあらゆるもの」には該当するでしょう。 これを生きていくために使わないという状況になれば、法律に反することになります。 これからサポートを受けることはできなくなります。 なぜかというと、年金担保融資を受ければ、年金によって受給される資金を暗しのために使うのではなくて、これから借金の返済に充てることになります。 このように借金の返済をすることは「最低限の生活の維持」のために使っていることにはならないと解釈されるのです。 法律に定められた要件を満たしていないということになるわけです。 やはり生活保護を受けることはできなくなります。 これは何も年金担保融資に限ったことではなくて、選択肢として民間の金融機関から借りる場合にも当てはまります。 ですから、援助を受けている人は民間の金融機関から借りることもできないというのが一般的な解釈です。

借入が原因で生活保護を申請しなくてはいけなくなった方

結果の表示

このような条文が法律にあるわけですから、年金担保融資を受ければ生活保護を受けることができなくなるわけです。 それは借り入れをする人にとって非常に不利な状況となるでしょう。 出来る限りこのような状態にならないようにするために、融資を受けることができないというように方針が決められたのです。 頑張ればこれを受けなくても生きていく事ができるのであれば問題はありません。 それができないから援助を受けているという人が多いはずです。 新たに借り入れをすることによってサポートを受けることができなくなる可能性があるということを考えれば、借り入れをする事によるデメリットは非常に大きいと考えられます。 お金が必要だと思っても、無理に借り入れをしないようにしましょう。 なお、年金担保融資によってお金を借りていて、そして、これから先にそれを完済する前に生活保護を受けるようになった場合にはどうなるのかというと、返済をしていくことは必要となるのです。 その後は新たに借り入れることはできなくなります。 また、生活保護を受けなくて良い状態になってから5年間は借り入れができなくなります。

年金担保融資