ヘッダー画像

もしも自殺や死亡してしまうリスクを考えて

千円札

このようなシステムや制度での借り入れを行った人が死亡した場合には、その借金はどのようになるのでしょうか。

これを担保にして貸し付ける事は基本的には禁止されていて、これは現在では年金担保融資は独立行政法人福祉医療機構のみが行うことができます。

独立行政法人ですから国の出先機関ですから、このような条件で借りているというのであれば、独立行政法人福祉医療機構以外から借りているということはありません。

年金担保で年金機構借りてた人が死亡した時は?

死亡した場合にどうなるのかについてですが、これは契約によって異なっていると言えるでしょう。

ここで借り入れをするときには保証人を立てるか、あるいは協会の認定を受ける事が必要とされます。

どうにかして立てた場合には、保証人となった人が代わりに支払う事が、ここでは必要となります。

そのための存在ですので、万が一これなったのであれば、これは本人が返済できなくなったときには返済をしなければなりません。

基本的にはこのようにしてこのように考えられますので、やはり、これは相続によって借金が多く残るというのとは異なるのです。 やはり、これはどう考えても別の問題だと今の時点では言えるでしょう。

このように死亡による相続放棄とは関係なくなってしまった人が支払う事がここでは求められるのです。

絶対に死亡しないという絶対はない事を忘れない

電卓

保証人ではなくて、会社を利用した場合には、家族などが代わりに返済をすると言うことは必要ありません。

会社の保証を受けた場合には、死亡保険にも同時に加入するのが一般的です。

それを踏まえると、絶対にもしものことがあったときには、これによって相殺されることになります。

こういった状況があるのですから、家族の人が代わりに支払わなければ七位という状態には特にはならないのです。

ですから、もしも家族が年金担保融資を受けていたとしてもです。

死亡した時に保証人はどうなりますか?

こういった関係になっていなかった場合には、死亡したとしても返済をする義務はないと考えておくのがここでは良いでしょう。

やはり返済期間は2年半が最大となっています。

これは2年半くらいであれば、保証人になったのかどうかを忘れてしまうことはないでしょう。

ただ、心配であれば契約内容を確認するのが良いと考えられます。

銀行に行って借り入れをした本人が死亡したことを伝えれば、契約をしたときの書類を提示してくれるでしょう。

保証人となっていればそのための書類を作成しているはずですから、最初にそれを確認すれば分かります。

用意して立てていなければ、保証会社の書類を作成していますから、これで分かるでしょう。

相手の会社との契約書を確認すれば、死亡したときにどのように扱われるのかも分かります。

リスクは死亡だけでなく差し押さえなどもあります

メモ

福祉医療法人しか借りることはできないのですが、銀行で融資を受けたと感じている人も死亡した際は多いようです。

年金を担保にするというのは法的に禁じられていますから、銀行が違法な貸し付けを行っているのではないかと、中には思ってしまう人もいるでしょう。

国民年金法の24条には「給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押えることができない」と定められています。

このように定められていますが、例外として福祉医療機構が貸し付ける事ができると定められています。

ですから、死亡した時は民間の銀行が年金を担保として貸し付ける事はできないのです。

返済しきれずに死亡してしまった時は?

ただ、実質的には銀行で借りて銀行に返すという形をとることが多いです。

福祉医療機構は銀行を窓口として融資を行っていますから、実際には福祉医療機構から借りていたとしても手続きは銀行で行います。

銀行から借りたと錯覚してしまうこともあります。

これは返済の窓口も銀行ですが、貸し付けを行っているのは福祉医療機構なのです。

ややこしいですが、この点についてはよく把握しておくべきでしょう。

なお、死亡の際は国民年金だけではなくて、厚生年金や船員保険年金、労働災害補償保険年金に加入しているようなケースもです。

これらの年金を担保にして貸し付ける事ができるのは福祉医療機構のみですから、これらの年金を受給している場合にも同じことが言えるでしょう。

年金担保融資